不動産売却をする不動産会社の選び方

家売却をする際に、どのようなルートで現金化するのかは一定ではありません。一つは、すでにいる購入希望者に直接売る方法です。二つは、不動産会社と媒介契約を結んで、購入希望者を仲介してもらい、その相手に売却をする方法です。三つは、不動産会社に直接買取をしてもらう方法です。一つ目と三つめは、見た目は同じですが、個人に直接売る点と、業者に売る点が異なります。
基本的には、購入希望者を直接探すのは難しいため、不動産売却はのちの二つを利用することになります。そして、いずれの場合も不動産会社がかかわるという点では共通しています。この会社選びは、満足のいく売却価格で売れるかどうかにかかわってくるため、とても重要なことです。
直接会社に買ってもらう場合は、できるだけ高値で買い取ってくれるところを基準として選ぶと良いです。なぜなら、会社は転売して収益を上げることを目的としているため、この時の価格は相場よりも低くなります。そのため、できるだけ高い値段を提示してくれるという基準が最も業者選びに重要だからです。媒介契約を結んで購入希望者の仲介を依頼する場合は異なります。この場合には、営業力、宣伝力の高さを基準に選びます。なぜなら、それらがなければ、いつまでも購入希望者を見つけてもらえる期待が持てないからです。不動産会社も仲介手数料だけが収入なので、不動産の買取価格を基準に選ぶことができません。したがって、この方法で探すのが効率的です。