不動産売却のキャッシュフローについて

不動産では、投資対象として購入をした場合、借入金、返済金、経費、メンテナンス等を考慮した上で月々のキャッシュフローの判断をすることになり、投資をするにあたっては重要な要素となります。しかし、不動産の上昇が見られるような場合には、売却によってキャッシュフローの確保を考えることも選択肢の1つとなります。特に、バブルのような急激な上昇の場合には、不動産売却は最適な選択方法となり、この場合には、物件によっては大きな利益を得ることができるようになります。ただし、通常における家売却においては、物件の運用状況を十分に把握をした上で判断をする必要があり、タイミングを計った上で行うことが大切なことになってきます。
例えば、現在価値として3億円の物件があるとします。この場合、売却価格が2億5,000万円とすれは、売却時まで要した経費を1,000万円と計上した場合に、売却をすることで4,000円の利益を得ることができます。しかし、物件が5年後に2億5,000万円で売却ができ、その間の年間キャッシュフローを1,000万円とすれば、トータルで9,000万円の利益を得ることが可能となります。この場合考慮する点としては5年間保有することがあり、ここでは、まず、物件価格の減少、住環境の変化による毎月の収入減少のリスクを考慮することが重要となります。物件価格が大きく減少をしてしまったり、入居者を募集するために賃料を低く設定した場合などでは、最初に売却を考えたときよりもキャッシュフローが目減りしてしまうことになり、注意が必要になります。